注文住宅を建てる前に準備すべきこと|理想のマイホームを購入する

輸入住宅はお洒落なだけか

内観

思想も輸入した住宅

中古住宅は比較的低予算で購入できますが、既に出来上がっている家に住人がライフスタイルを合わせることになります。数十年前に建築された家では狭い土地、空間にできるだけ多くの人が住めることが重要視されてきました。住宅設計の基本概念が現代とは異なり、トイレや廊下といった付随設備の設計は隅に追いやられがちだったのです。しかし注文住宅であれば最新の工法を取り入れることができます。快適な家に住みたい人の間で話題になっているのがスウェーデンハウスなのです。スウェーデンハウスは人と環境に優しい家を提案しています。バリアフリー設計を取り入れている点は高齢者だけでなく、子ども、健康な成人にとっても嬉しい配慮です。また家全体の気密性、断熱性を高めているので空調効率がよく、光熱費を抑えることができます。余計なエネルギーを消費しない省エネ住宅でもあるのです。しかし日本の夏は高温多湿で台風の直撃を受けることもあります。スウェーデンの住宅が日本の気候に合うのか不安に思うこともあるでしょう。スウェーデンハウスは耐震性、耐火性、耐風性にも優れていることが実験で確かめられています。災害にも強い家なのです。スウェーデンハウスがどのような家であるのかは実物を見るのが一番です。各地の住宅展示場にはモデルハウスが建てられていますが、実際に住人が暮らしている家の見学会も開かれています。家主の所感は家作りの参考になる貴重な情報です。積極的に参加してみましょう。