注文住宅を建てる前に準備すべきこと|理想のマイホームを購入する

老後に生活しやすい家を

一軒家

介護の負担にも備える

子育てが一段落した後に、夫婦だけでの暮らしを京都でと考える方が増えつつあります。京都は、文化や伝統のある味わい深い土地です。50代、60代の世代にとっては第二の人生のステージに京都を、と考える方も少なくありません。とはいえ、京都は昔からの文化が色濃く残っている地域でもあります。京都府外からの移住者は受け入れられないのではないかと不安に感じている方もいます。しかし、京都で暮らしたいというニーズも増えており、府外からの移住者も京都には増えているため安心です。分譲住宅地であれば、府外からの移住者も周りに多くなじみやすい環境になっています。また最近では、転勤などで引っ越してくる家族も多く分譲住宅や注文住宅を建てることも増えています。もはや京都だから受け入れられないという雰囲気は消えつつあります。そんな中、老後の生活にお勧めなのが、土地を購入して注文住宅を建てる方法です。夫婦のみの生活では、分譲住宅では持て余してしまうという場合もあります。分譲住宅は、子育て世代をターゲットにしていることも多く、二階建ての構造で間取りも多めに設けている場合がほとんどです。今は問題なくても、年齢を重ねた時に階段の昇り降りが負担になってしまうことがあります。また、寝室からトイレなどの水周りが遠ければ、介護が必要になった時にも大変です。注文住宅は、そんな先の人生を見据えた家作りが可能になります。信頼できる不動産会社が見つけることで、より住みやすい土地を探すことができます。注文住宅は生活導線を優先した設計をすることで、老後の生活を安心して過ごせます。