注文住宅を建てる前に準備すべきこと|理想のマイホームを購入する

メーカー選びのポイント

家族

情報収集を大前提に

京都で注文住宅メーカーを選ぶときには、入念な情報収集を怠らないようにしましょう。まず始めの一歩として、カタログや住宅雑誌などを見て、自分たちが希望する注文住宅のイメージをまとめます。イメージに近い京都の注文住宅メーカーがあれば企業情報を読み、工法やデザインの特徴を把握します。何冊も読むのは骨が折れるかもしれませんが、一番効率よく情報を集められるので、できるだけ沢山の京都のメーカーを調べます。デザイン性や工法、企業姿勢が良いと感じたメーカーがあれば、直接コンタクトを取りましょう。始めに話をするのは営業担当者が一般的ですが、知識や経験が豊富であることが重要です。こちらの希望を伝えたときに、できるのかできないのかを答えてくれて、できないようであればその理由と解決策を提案してくれる人が望ましいです。提案力のある人が担当だと、家の完成度も高くなります。京都ではメーカーによってアフターメンテナンスにばらつきがあります。メンテナンスの内容や無償範囲、期間などは、契約前にしっかりと確認しておくと安心です。メンテナンスの内容で業者を選ぶ人も少なくありません。それから、モデルハウスに行って注文住宅が完成した後の疑似体験をするのも参考になります。しかし、豪華に造られている場合がほとんどなので、同じように建てると高額になることは覚えておきましょう。さらにメーカーが建てた注文住宅の見学会があれば、ぜひ参加してみてください。経験者の話も聞けて住宅の雰囲気も把握できます。